ステンマックス 

先日、宝珠山 M様のステンマックスが抜けているのをちょうど朝練中に見つけました。すぐにミヤタに連絡して交換フレームを依頼しました。たまたま当店にも在庫がありましたので、その日に自転車を取りに行きました。
画像

片道23㎞くらいかな、往復1時間ちょっとです。
画像

ダウンチューブのBB側が完全に抜けています。平成17年3月販売ですから8年過ぎています。メーカー保証は5年ですが、抜けて良いと言う事はありません。
画像

ヘッド側の塗装もはげていました。抜けかけていたようです。
実はこのフレーム2006年9月に、東峰中学校に出向き、点検していた1台でもありました。その時は大丈夫だったのは鮮明に覚えています。接着剤の劣化?でしょうか。子供たちも中学、高校と自転車を使い、大学に入って親が乗っていたという状況でした。自転車は対応フレーム(ダウンチューブの上パイプがステンレス、下パイプがアルミ)に組み替えてその日のうちに納車しました。(宝珠山に1日3回行ったのは初めてでした)
ビアンキ事故みたいになる前にどうにかなりませんか・・・ミヤタさん

以前のステンマックスのブログはこちら  http://t-basara.at.webry.info/theme/c12526475d.html

この記事へのコメント

ばさら
2013年07月24日 10:47
今回、自転車を取りに行ってフレーム交換してお届けするという100キロメートル弱の走行距離になってしまいました。卸屋を通じて交通費がどうにかならないかお願いしていましたが、メーカーからは対応して頂けませんでした。
代わりに卸屋さんから1000円のガソリン代をいただけることに メーカーさん、何か間違っていませんか

この記事へのトラックバック