今朝はSwiftでロンドンへ  11/15

Zwift始めました。実は昨日からですが、写真を撮るのを忘れましたので初アップです。
画像

ローラー台はGizmoさんと悩みましたが、最新版のELITE DIRETO(ディレート)にしました。スマートタイプでパワーメーターが内蔵されていて自動負荷・最大再現勾配14%と言うのがウリです。
画像

自動負荷ですのでZwift使用時には勾配に応じて負荷が加わります。またドラフティング時には負荷が軽減されるシステムです。今まではこの上の機種ではないとこの機能は付いていませんでしたが、DRIVO(ドライヴォ)は20万弱と高価で手が出ませんでした。
画像

今朝はロンドンを走りましたが、常に周りに人がいてすぐロックオンしたくなります。おかげでついがんばってしまい1時間があっという間に終わってしまいます。走って行くとポイントが貯まってバーチャルですが、ウエアーやヘルメット、ホイールなど選べるようになります。ちなみに今朝のコースはヒルクライムもありインナー×ローまで使ってしまいましたよ~今年の冬は気温5℃以下になったらZwiftにしようかと思っています。皆さんもいかがですか?ELITE DIRETO(ディレート) 税込み119,750円とスプロケットが必要です。Zwift使用料は1ヶ月10ドルです。今なら少しお安くできますよ、さらに設置Zwiftセッティング指導できます。

走行距離  31.4㎞
走行時間  1時間

この記事へのコメント

マツ
2017年11月15日 15:01
ホエホエ~導入されたんですねェ
風圧を感じないでしょうからその分、速度は速くなるんでしょうね。マルビな私は屋外で向い風を受けながら走るしかなかです…ギア交換後天気が良かったので草野、善導寺~甘木、美奈宜の杜の坂、65.3㌔ほどサイクリングしてまいりました
Gizmo
2017年11月15日 19:58
いよいよ公開ですね。
Diretoは、勾配14%相当の負荷、かつ自動負荷変更に対応、走行音が静かなダイレクトドライブと、三拍子揃っているので、Zwift用としてはいまいちばんバランスが取れているお薦めモデルだと思います。

もっと安い機種もありますが、自動負荷に対応していない、勾配が6%程度で物足りない、ダイレクトドライブじゃないなどどこか物足りない部分があり、Diretoに比べるとちょっとバランス的に見劣りすると個人的には判断しました。

3本ローラーや普通の固定ローラーにパワーメーターをプラスしてもZwiftはできますが、左右を計測できるパワーメーター1セットと同じくらいの値段でDiretoが買えます。
ローラー台もパワーメーターも持っていない人が今買うなら、コレだと思いました。

ついでにいうと三本の足が真ん中へ揃って折りたためるので、意外に置き場所を取らないというメリットがあります。

お金がもっとたっぷりある人はWahoo FitnessのCLIMBというモデルを買うと、負荷に応じてフロントフォークが自動で上下するみたいですよ。

この記事へのトラックバック